RECOMMEND
RECOMMEND
夢幻紳士 (怪奇篇)
夢幻紳士 (怪奇篇) (JUGEMレビュー »)
高橋 葉介
魔実也さんのエロかっこいい活躍が読めるのは怪奇編だけ!!
な、わけじゃないけど、それでもこの内容でこの値段は間違いなく買いだと思うよ!
夢幻紳士入門にはもってこいですv

書き下ろしはエロい。
でも、私もキャッチ&リリースされたい(/ω\)
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

蜜ブログ

オタク活動と編み物
サイコロジカル 上下
サイコロジカル〈上〉兎吊木垓輔の戯言殺し
サイコロジカル〈上〉兎吊木垓輔の戯言殺し
西尾 維新
サイコロジカル〈下〉曳かれ者の小唄
サイコロジカル〈下〉曳かれ者の小唄
西尾 維新

4作目。
初めての上下巻。
ストーリーを大まかに説明してみると、いーちゃんと友ちゃんが鈴無さんという保護者をつれて、友ちゃんのかつての仲間を閉じられた研究施設の中から助けにいきます!
そしたら中で殺人事件が勃発!
友ちゃんが犯人じゃないかと狙われる!
困ったぞ!!
で、いーちゃんががんばる話。
ドロボウさんとか、ステキな少年とか、頑固じーさんとかデブとかロン毛とか白髪とか秘書さんとかも出てきます。

あぁーえっと、おもしろかったよ?
続きを読む >>
| 読書感想 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
クビキリサイクル
クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い
クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い
西尾 維新

西尾維新のデビュー作!
文章はいまのものを読むと、なんだかキレが悪いな?と思ったけど、それでもやっぱりおもしろかったよ。
いろんな天才がでてきて、天才とは何か?ということが本文中でも幾度となく触れられているんだけど、ホント、天才ってなんなんだろうね?
少しそれについて考えてしまいました。
続きを読む >>
| 読書感想 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子
クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子
クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子
西尾 維新

見所の解説
・いーちゃんの女装
・いーちゃんのセーラー服
・いーちゃんの女の子の格好

という感じでしょうか。
いや、おもしろかったよ。
続きを読む >>
| 読書感想 | 01:14 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識
クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識
クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識
西尾 維新

おもしろかったー!
こう推理を楽しむというか、そうだなぁ言葉を楽しむ小説かな?
というか、いーちゃんを。
登場する個性的すぎる人間を楽しむ小説なんだと思います。
続き読もう〜ヽ(´ー`)ノ
続きを読む >>
| 読書感想 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
女子の生きざま
女子の生きざま
女子の生きざま

女としてこう生きるといいよ!という指南書(?)
こう女の子の夢見るようなかっこいい!女(バリバリのエリートだとか、おしゃれでモードなモデルさんとか)じゃなくて、ずばり目指すは男にもてる女!
どういった女の子になればウハウハなのかやさしく丁寧に教えていただけます。
続きを読む >>
| 読書感想 | 02:20 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
美女と野球
美女と野球
美女と野球
リリー・フランキー

いままで読んだエッセイものの中で1番をあげたい。
笑えるだけじゃなくて、いろいろ納得もできて、ちょっとかっこいい。
リリーさん、いままで誤解してました。
あなた様のほかの御本も読みたいと思います。
続きを読む >>
| 読書感想 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
世界悪女物語
世界悪女物語
世界悪女物語
澁澤 龍彦

「本当はおそろしかったグリム童話」がおもしろかった!と思えた人は読んでみるといいよ。
本当に、こんな人が生きている時代があったんだと驚いた。
有名どころそろってます☆
続きを読む >>
| 読書感想 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
空色勾玉
空色勾玉
空色勾玉

中学生のころに初めて読んでそれからずーっと大好きなお話です。
和製ファンタジーっていいなぁ。
日本人で、暗黙の了解の部分がわかることをうれしく思うよ。
続きを読む >>
| 読書感想 | 22:58 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
カンガールー日和
カンガルー日和
カンガルー日和

村上春樹の短編集。
いろんなお話が入ってます。
可もなく不可もなく。
村上春樹は私にあまりあわないのかもしれません。
続きを読む >>
| 読書感想 | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春琴抄
春琴抄
春琴抄
谷崎 潤一郎

た、谷崎先生ばんざぁい!!ヽ(´ー`)ノ
と、思わず叫びたくなってくるほど。
たった75ページほどの短編の中で繰り広げられる、歪んだそれゆえに美しい男女の世界。

大阪弁ってこんなに綺麗な言語だったんだなぁと、ほれぼれしてしまいます。
続きを読む >>
| 読書感想 | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |