RECOMMEND
RECOMMEND
夢幻紳士 (怪奇篇)
夢幻紳士 (怪奇篇) (JUGEMレビュー »)
高橋 葉介
魔実也さんのエロかっこいい活躍が読めるのは怪奇編だけ!!
な、わけじゃないけど、それでもこの内容でこの値段は間違いなく買いだと思うよ!
夢幻紳士入門にはもってこいですv

書き下ろしはエロい。
でも、私もキャッチ&リリースされたい(/ω\)
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

蜜ブログ

オタク活動と編み物
<< エマ | main | おおきく振りかぶって 4巻 >>
こころ
こころ
こころ
夏目 漱石

高校生の時に読んだのと、いま読んだのでは感想が違う話だった。
誰しもが高校の時に、一度はならっているであろう夏目漱石の「こころ」を読みました。
あらすじは省略ね!

今日もう一度全部読んでみて、ところどころで高校生の時の自分を思い出した。
この物語の中には3人の人がいる。

1人はこの物語の傍観者である私だ。
2人目は、人の醜さ、堕落を自分の中にまで感じ、自分を含めた人を好きになることの出来ない、先生。
3人目は、「道」を究めるために、そしてそれを極めることはかなわないとしり死を覚悟したK。

高校生の時、私はKに強く憧れを持った。
人としてそのように生きたいと思ったし、有名な「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」というセリフはなによりも私の心をあせらせた。
夢に向かってもっと努力しなくては!
いまの自分はなんてふかがいない存在なんだろう。
と、Kの生き方を見るとそう何度も思った。

しかし、いまこの小説を読んでみると、どちらかというと先生に共感してしまった。
人には汚いところもある。
それはもちろん自分の中にもあるものだ。
先生はそのある意味でおける潔癖さで死を選んだ。
私と先生の違うところは、私はその問題にふたをして怠惰をむさぼることを選んだことだと思う。
それがいけないところだとは思わない。
ただ、私も汚い人間であることは間違いないと思う。


この小説は、いまも人をひきつけるストーリーをもっている小説だと思う。
毛嫌いする前に読んでみたらいいと思う。
そして、人について考えてみるのもいいんじゃないかな?

ただ、私は願わくば遺書を読んだ後の「私」の行動も読んでみたかった。
| 読書感想 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://mh.mitu.hacca.jp/trackback/279838