RECOMMEND
RECOMMEND
夢幻紳士 (怪奇篇)
夢幻紳士 (怪奇篇) (JUGEMレビュー »)
高橋 葉介
魔実也さんのエロかっこいい活躍が読めるのは怪奇編だけ!!
な、わけじゃないけど、それでもこの内容でこの値段は間違いなく買いだと思うよ!
夢幻紳士入門にはもってこいですv

書き下ろしはエロい。
でも、私もキャッチ&リリースされたい(/ω\)
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

蜜ブログ

オタク活動と編み物
<< ミュージックバトン | main | 集中講義 >>
姑獲鳥(うぶめ)の夏
姑獲鳥(うぶめ)の夏
姑獲鳥(うぶめ)の夏
京極 夏彦

20ヶ月もの間生まれぬ子供。
同時期に失踪した亭主。
のろわれた家系であるといわれている久遠寺家には何があるというのか?

という謎を、古本屋兼憑き物落しの京極堂と常時鬱状態スレスレを歩くじめじめした小説家関口と奇天烈を絵にかいたような探偵榎木津あたりが、なんだかんだで解決する話。
シリーズ一作目。
映画化したため友人が貸して欲しいといったので、本棚からひっぱりだしてきたのはいいけど、そのまま再読してしまった!
ちなみに、うちにあったのは初版1994年のものでした。
もう、そんなにたつのか……
ちょっと映画見に行こうかなぁ〜と思っていたので、ちょうどいいかな?と思いつつ。

これをはじめて読んだときは確か、中学の時だったと思うんだけど、そのときの感想で強く覚えているのは「トリックに納得がいかない!というのと、女の白い内腿を流れる血」というもので、もう読まない!と思ったけど、読み返してみたらあんがいおもしろかった。
このシリーズは当時すごく好きで全部集めてしまったりとかしたのだけど、やっぱりおもしろいなぁ〜と思った。
私はどうもこーまわりくどくごたごたした話が好きみたいだ。

それにしても、1作目なので関口くんが榎さんの目の秘密をしらないことや、まだそこまでじめじめしてないこととかに驚きを隠せなかった。
そうかぁー、1作目ではまだこんなものだったのか!
もう一度シリーズを全部はじめから読んでみようかなぁ〜と思いましたヽ(´ー`)ノ


映画化して、なかなかおもしろそうだったし、この話が映像になるとしたらどんな感じなんだろう?と思い映画のオフィシャルサイトを見に行ってみたんだけど、やっぱり見に行くのをやめようかなぁ〜と思った。
それは、決して、あの映画がやばそうだ、とか、キャストが気に入らないとかそういうのではないけど……なんというか、ずーっと私が作り上げてきた頭の中の世界が壊れてしまうようでいやだなぁ〜っと。
たぶん、あの映画を見てしまったら自分の中にあるぼんやりとしたイメージが映画の中でみたものに固まってしまうような気がして。
それがちょっといやなのでやめておこうかなぁ……。
と、京極堂の店先の画像をみた瞬間に思いました。
私の頭の中では、木造の古い家で、入ってすぐのところに畳があり、壁には一面の本というイメージ。
それが実際は間違ってるかもしれないけど、そのイメージで9年目なのどまぁ壊さなくていいなぁ〜っと。
榎さん像にしてもしかり。
阿部さん、きらいじゃなくてむしろ好きだけど、もっとこー貴公子という名前がぴったりするような顔だと想像してたいんです……。
| 読書感想 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://mh.mitu.hacca.jp/trackback/284993