RECOMMEND
RECOMMEND
夢幻紳士 (怪奇篇)
夢幻紳士 (怪奇篇) (JUGEMレビュー »)
高橋 葉介
魔実也さんのエロかっこいい活躍が読めるのは怪奇編だけ!!
な、わけじゃないけど、それでもこの内容でこの値段は間違いなく買いだと思うよ!
夢幻紳士入門にはもってこいですv

書き下ろしはエロい。
でも、私もキャッチ&リリースされたい(/ω\)
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

蜜ブログ

オタク活動と編み物
<< 体調としては割りとグロッキー | main | ビールに万歳三唱の二乗! >>
ビールに万歳三唱!
ドイツ旅行はのべ10日間。
日程としては、
ベルリン(2泊)

ドレスデン(1泊)

ブレーメン(2泊)

ケルン(1泊)

ローテンブルク(1泊9

フッセン(1泊)

ミュンヘン(ダッハウで1泊と市内で1泊)
で、帰国な感じでした。

どこも全部楽しかったで途中でもっといろんなところにいったんだけど、とりあえずオクトーバフェストについてレポ。

ちなみに、オクトーバフェストとは、、、
ドイツが誇るお祭りで、2週間ほどある期間中、移動遊園地がバーーっとやってきて、さらに各ビール会社が出した一つ一つが体育館ほどもあるテントが10数個バーっとならびその中で、1リットル単位のビールジョッキで飲む飲む踊る歌う!
たくさんの人、あふれかえる酔っ払い(でも、日本みたいに泥酔してる人は少なくて、みんなほがらかな感じ)、かわいい子供、楽しいダンス!
そして、ビールが国境を越える瞬間!

そんな感じが私の感想でしたー。
とりあえず、レポ。
1日目。
フッセンからだいたい1時ごろにミュンヘン着。
ミュンヘンに近づくにつれて民族衣装をきてる人が増えるし、みんな心なしかワクワクしてて、自動的に心もわくわく。
とりあえず、ダッハウまでいってトランクをおいてくる!
そして、市電にのって流されるまま妹とともにオクトーバフェストに。
もう、電車の中がみんなウキウキしてる感じで、電車からおりるとさらにその感じが強まる!

会場につくと、もう本当に楽しい感じで妹とともに大興奮!
向こうの遊園地はなんというか、ものすごく胡散臭い感じで、さらになんか激しい!
みんな頭にディズニーランドでかぶるようなビールジョッキの大きな帽子をかぶったりしてて、もうホントにお祭り騒ぎ!という感じでしたー!
とりあえず、どうせだしビール飲みたいし、よーし!どっかのテントにはいるぞー!って思ったんだけど、土曜日だったこともあって、どこも満員!
並んでも入れない感じでした。
初めてきたし、どーしたらいいかわかんなくてウロウロしてたら、外で飲んでた男の人たちにカモーン!とよばれる。
呼ばれるままにいってみると、ビールをおごられ、くどかれたー!
イタリア人、手はえぇーーーー!(笑)
そして、1リットルジョッキ、一度は体験してるとはいえやっぱりでかい!!!!
しかも、つまみなし!
でも、ビールうまーーい!!!!

向こうはイタリア語で「アモーレ!」とかいってくるし、こっちは英語しかしゃべれないし!てんやわんやだったけど、それはそれで楽しかったー!
ほっぺとか、手とかにちゅーされたよ。
いっぱい。
さすがだな、情熱の国。
結構楽しく呑んでて、いろいろ話したり口説かれたり忙しかったんだけど、いまからディスコにいこうぜー!っていわれて、丁重にお断りしてきた。
ユースに泊まってたから、門限があったのです(イタリア人たちは、俺達のところに泊まりにこればいいよ!ノープロブレムだよ!とか、いってたけど、プロブレムすぎる(笑))

妹と2人で、イタリア人は危険だ!と笑いながら通り(人でごった返してる)を歩いていたら、夜もだいぶ遅くなっていたこともあり(9時ごろ?)もう、ナンパの荒らしでした。
というか、イタリア人とかスペイン人は女の子だったら誰でもいいと思ってるに違いない!(笑)

いまから飲もうぜーっていわれたり、写真を一緒にとられたり、ホッペにちゅーされたり!
うぉー!なんじゃこりゃー!って感じでした。
しかも、大体、そういうことをやってくる人は「アイム イタリー」と、ファンキーにおっしゃってくれて、またかー!って思ったりした。

一番ひどかったのは、ハグされてベロチューされた。
しかも、グループで。
アレはびびったー!
ボウズでオシャレ眼鏡のイタリア人たちでした。
もう、何でもありだな!イタリア人どもは!
でも、その人たちはかっこいかったからゆるす!

こんだけいってるけど、イタリア人のノリは楽しいし好きだ。
女の子を大切にしてる感も。
無理強いとかされなかったし、ホントいい感じだったー。

妹とともに、なんてクレイジーな祭りなんだ!って言い合いながら(でも、雰囲気は楽しい。いままでにいったどんな飲み会よりも楽しかったーv)歩いてたら、肩のところをトントンとされる。
クルっと向いても、誰か叩いたという感じはしない。
おかしいな?と思って、もう少し歩いてたら、またトントンとされる。
また、クルっとしたら、そこにははにかみ笑顔のドイツ人が。

ドイツ人、声のかけ方かわいいな!!!!!!(感動した)
イタリア人やスペイン人のダイレクトにくるのになれていたために、なんか新鮮!
とりあえず、駅までいく方向が一緒だったし、そのドイツ人たちとお話をしながら歩いていったら、スケートをやってるらしく、日本のスケート選手はすごいねー。
とか、僕はベルリンに住んでるんだよーとか
なんというか、話題がかわいい。
ナイトライフを楽しみにディスコにいこうぜ!とか、いってくるイタリア人とは違うぜ!
しかにも、別れ際に
「僕たちはいまから友達の家に行くんだけど、一緒にトランプでもしない?」
と、きたもんだ。
トランプ☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━!!

家飲みという時点でなんかちょっと危険度はディスコよりも上だけど、なんかかわいかったー。
門限あるし、普通にいろいろ心配だったので、また明日あおうぜーといってバイバイした。
でも、あのドイツ人たちは本当にかわいかったー!
し、かっこよかったvv

そんな感じで1日目終了!
なんか、もう雰囲気が本当に楽しくって、妹と一緒に明日は朝からいこうぜ!ってことでまとまる(えー)
いや、本当に楽しかったんです!
| 旅行記 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://mh.mitu.hacca.jp/trackback/570293