RECOMMEND
RECOMMEND
夢幻紳士 (怪奇篇)
夢幻紳士 (怪奇篇) (JUGEMレビュー »)
高橋 葉介
魔実也さんのエロかっこいい活躍が読めるのは怪奇編だけ!!
な、わけじゃないけど、それでもこの内容でこの値段は間違いなく買いだと思うよ!
夢幻紳士入門にはもってこいですv

書き下ろしはエロい。
でも、私もキャッチ&リリースされたい(/ω\)
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

蜜ブログ

オタク活動と編み物
<< OK!リーダー! 2日目 | main | 自分でも驚いてます。 >>
ブレットオンリーいってきましたヽ(´ー`*)ノ
楽しかったぁヽ(´ー`*)ノ
遊んでくださったみなさま、ありがとうございましたー!!!!

常時ノープランで申し訳なかったorz
でも、やさしいみなさんが、大好きです!!

簡単にレポ書いてみます!!
(って、簡単っていったけど、いつも通り長くなるので、やっぱり記事わけますね( ´ー‘)フゥー...)

3日目!
かんなさん&カナタさんと9時半に池袋で待ち合わせ!

。・゚・(ノ∀`)・゚・。

なんと、ホテル組9時半におきましたorz
殴ればいいと思います。
思う存分殴ればいいと思いますorz

慌てて用意。
慌てて化粧!
慌ててチェックアウトしました。

キミさんはお仕事なので上野駅でバイバイ。
(キミさん、本当にありがとー!
 楽しかった!!キミさんの癒し系な性格本当に大好きですvv)
ニコさんと山の手線へ!(どーでもいいけど、山の手線に乗ってると、あぁ〜これがかの有名な東京にいるんだなー!って思います。高校の時とか、もう椎名林檎の歌くらいしかなじみがなかったぜ!)
2人とも披露ピーク!
池袋で降りて、かんなさんに平謝りorz
そのままパスタ食べました。

どーでもいいけど、かんなさんの豪受けにかける情熱はすごいものがあると思いました。
ある意味大いなる愛です。
そして、なぜかんなさんの描く絵はエロいのか!ということに対する考察なんかをしてみたり。
ニコさんの描く目はかわいいv
かんなさんの描く目はエロいと思いました。

かんなさん自身は激しく癒し系なので、エロ癒し系っていう新ジャンルの設立まってますv

お昼にカナタさんと合流。
これ描いてたら遅刻しましたー!って爽やかに私のスケブをいただいたのですが…… Σ(・ё・;)
ブレカルのエロさもすごかったけど(ベロちゅーだぜ!やつら!)、土ボルのピュア差は異常!!!
カナタさんはスケブ神だと思いました。
そして、私2日間でカナタさんに4枚もスケブ描いてもらってて、、、驚愕しました。
すみませんっ!そして、ありがとうございましたー!!

で、ニコ&カナタの乙女ロードツアー!
すげぇー!これが有名な乙女ロード!(笑)
中古同人誌屋さんとかにいきました!
ニコさんとカナタさんが、笛!のコーナーでフィーバーしてる中、私とかんなさんはまったりとレツゴコーナーをあさりました(笑)

それにしても、私は本当に女性向けの作家さんがわからないなぁ〜っておもいました。
そして、女性向けのジャンル(最近の流行だと銀魂とかリボーンですか?)に縁がないなーって実感した!(笑)

で、頼んで商業誌の中古屋さんにも連れて行ってもらいましたv

☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━!!

ガッツリ買った!!!(笑)
しかも、全部アダルトオンリーっていう、もう何やってんの?!な感じだったけど、18禁本って発行部数も少ないし、すぐに棚から消えるし、好きな作家さんがいても集めれないんだもん。゚(゚´Д`゚)゚。
前から読んでみたかったよしやすさんの漫画が買えて本当によかった!
あと、螺旋回廊のノベライズも、ソフトが売ってない悲しみに耐えて買ってみました。
さらにやってみたくなりましたorz

うん、乙女ロードにいったはずだったのに、漢ロードを満喫しました。

そんなこんなで夜行バスの時間に!
急いで新宿駅にむかいました。

バス乗り場でニコさんとバイバイ。
ニコさんにはいつも、本当に本当にお世話になってて頭が下がる気持ちです!
でも、これからも仲良くしてね(´ε`*)

バスでは乗った瞬間に寝ておりましたorz

そんなこんなで充実してました!!!!
ありがとー!ありがとー!やったぜー!!!
| O-tak! | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://mh.mitu.hacca.jp/trackback/584337